So-net無料ブログ作成

さつまじゃじゃ麺 [郷土料理]

イオン系のスーパーBは、夕方になると鮮魚コーナーが軒並み半額になったりする。
この日の戦利品は、チヌ(111円!)、アサリ(156円)、そして大きなタコ一匹(594円)。

チヌもこの値段なら、惜しみなくあのさつまを作ってみることができる。
ウロコと内蔵をとって塩しておいて、翌日まるごとロースターで焼く。
味噌も鉄皿に広げて入れて、ロースターで香ばしく焼いて焼き味噌にしておく。
焼いたチヌの身をほぐして擂り鉢であたり、焼き味噌、すりごま、おろし生姜を混ぜておく。
身をとったあとの頭と中骨を水で煮出して出汁を作り、先の味噌を伸ばす。
アラまで出汁として利用する、なんと無駄のない食べ方!

濃度はこんなものかな?
ドロドロして・・・見た目はあまり食欲をそそる感じじゃないが、味は良いのだ!

あったかご飯に載せて、ネギ、ミョウガタケ、もみ海苔などをトッピング。
これを混ぜ混ぜして食べる。
不味くはないが・・・ちょっとニャンコになった気分?
(連れ合いは無言で食べていた。)


(その他のおかずは、茹でタコ、アサリと小松菜の煮浸し、塩もみキャベツしそ風味)

やっぱ同じねこまんま風でも、もっと汁だくの冷や汁のほうが好みかなぁ。
「さつま」という名前からして、もとは薩摩の冷や汁(宮崎のが有名だが、
鹿児島でもよく食べていたらしい)がルーツなのだろうか。
焼き魚や干物の身をすりつぶして味噌や胡麻と混ぜる作り方は、ほとんど同じである。
さつまの水分を多くしてキュウリやら入れれば冷や汁になるのだ。
それで、残りを冷や汁にしようかと思わないでもなかったが、
やはりあれはもっと蝉のじゃんじゃん鳴くような夏の暑いときでないと美味しくないものである。

ほかにいい食べ方はないものかと思いあたったのが、炸醤麺風に麺にぶっかけて食べる方法。
せっかくなので、炸醤麺の麺も手打ちした。
水餃子の皮と同じ、もちもちした食感の麺である。

釜あげ麺に、さつまとキュウリ(ちょっとシーズン早いが購入)
とネギなどの薬味を載せ、まぜまぜして食べる。
予想通り、これはいける。
炸醤麺のように油っぽくないし、ヘルシーだし。これはいいなぁ。

盛岡のじゃじゃ麺風に、麺の茹で汁を使って最後はちーたんたん(卵スープ)にした。
これもさっぱりして美味しかった。


(汚くてすみません)

さつまって香川の郷土料理なわけだし、讃岐うどんにぶっかけたりして食べないのかな?
と思って検索したら、ある道の駅では「さつまうどん」なるものを提供している様子。

http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=435

でもあんまりメジャーな食べ方じゃないようだ。
売り出せばもっと受け入れられるだろうにと思うのであった。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 5

チヌは黒鯛のことなのですね。
こんなにお魚がお安いとうれしいですね。


とても工夫された食生活!
かわず庵のほうも読ませていただきたいと思います。
楽しみです♪
by (2007-05-19 22:42) 

ぱたこ

>アカシアさん
お越しいただきありがとうございます♪ このスーパーはただでさえお魚が安いのですが、それが半額になるもんですから、舞い上がってついたくさん買いたくなります。買いすぎて後悔することもあり、こらえるのに必死です(笑)。
かわず庵の方も恐縮です。自分としては内容が古いところも多いのですが、お暇つぶしにでもなれば幸いです。
by ぱたこ (2007-05-20 01:06) 

ぴい

111円ってなんとも絶妙(?)な値段の付け方〜
タコ丸ごと1ピキってすごいですね!
それにしても「さつま」ってすごい食べ物ですね...
それを揚げたものが「さつま揚げ」ってこと?
by ぴい (2007-05-20 09:31) 

ぱたこ

>ぴいさん
さつまはさつま揚げの生地とは違うんです。魚を使うのは同じですけどね。ちなみに鹿児島ではさつま揚げって呼ばずに「つけあげ」って言うらしいです。
タコは一匹茹でておくといろいろに使えて重宝します。甘くてとっても美味しいです♪
by ぱたこ (2007-05-20 10:51) 

きばな

近所でも....活きのいい黒鯛発見....しかし千円だったわ(笑)。
横にあった、それより小さいピンクの【血鯛】か【黄鯛】は750円だった。
それでも次々と買っていってました.......みなさん。活きよかったもんな。

北海道のタコは,.....こちらの常識からすると、異常に大きい。
まずは刺身........次は【塩茹で】ですが、ゆですぎてはイケマセン。
真ん中の【髄】ような部分が、半透明のトロッとした状態に仕上げないと
美味しくないって言うか、もったいないのです...。
そして....頭の中にある【たまご】をつかって...鶏卵に混ぜ込んで焼いた
玉子焼きは......極上の【かまぼこ玉子焼き】でした、懐かしいな。

余談ですが...北海道には、イカやタコの【とんび】、嘴部分を燻製にした
珍味があります....ここ......美味しいんですよね。
by きばな (2007-05-21 22:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。