So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄土産(甘くないもの編) [食材]

沖縄シリーズ完結編:牧志公設市場で買ったもの。

島ラッキョウの塩漬け(浅漬け)。
鰹節と醤油をひとたらしして、ビールがうまいです。

sonet08110412.jpg

かまぼこ(といっても油で揚げたさつま揚げ状のもの)2種。
黒豆と黒米ごはんが入ってる大きなボール型の揚げと、ニンニク味のちぎり揚げ。
生地はわりと淡泊。そういえば沖縄の魚って白身が多いもんね。

sonet08110411.jpg

そして、スーチカー=塩漬け豚。(画像は包丁で切った断面。)

sonet0811048.jpg

ただの塩豚なら家でも作れるのだが、沖縄のバラ肉には皮がついている。これが貴重!
生のバラ肉とそう変わらないような値段で売っていた。この塩豚を茹でた状態でパックしたものもあったが、値段は倍以上。塩豚のまま買った方がお得な上に、持ち帰りの際の保冷も必要ない。
帰って冷蔵庫に入れておけば日持ちも十分である。(さらに時々塩をすり込みつつ、チルドで1ヶ月は持った。)

けっこう塩辛いので、2回ほどお湯を換えながら茹でて調理。
そのままスライスしてちょっと炙って食べてもよいのだが、もちろん料理にも使える。
一部、大豆とトマト少々入れて煮てみた。塩豚の塩だけで味付けは不要である。
大豆の出汁もあいまって、かなり濃厚&栄養満点な味であった。

sonet0811291.jpg

車麩は軽いので多めに買って帰った。
円柱状の車麩を圧縮してコンパクトにしてあるのを、5袋ほど購入。

sonet0811049.jpg

以後、麩ちゃんぷるーはわが家の定番メニューになる。
麩は1センチの幅に切って、水でさっと戻し、さらに卵+だし醤油(とかめんつゆとか塩とか)を溶いた液に浸して、フレンチトーストのように液を含ませる。それをフライパンで炒めて一旦とりだし、次いで野菜(キャベツとかもやしとか何でもいい)を炒め、最後お麩をもどして塩、胡椒、醤油で味付けしてできあがり。

sonet0811293.jpg

鶏肉かなんかのように見えるのがお麩。お肉のようにしつこくなく、柔らかくて美味。さらに低カロリーで消化もよくて、値段も安いし、いいことづくめ。ほかの普通のお麩でも応用できるかな? でも食感が違ってきそう。車麩なくなったら淋しいな。こっちでも売ってればいいのになー。

sonet0811292.jpg

ある日のわが家のオキナワンな献立。
麩チャンプルに、塩豚入りジューシー(田芋のかわりの里芋、自家製島人参入り、ヒハツ風味)、ソーキ汁ならぬ手羽元汁(冬瓜入り)。

青パパイヤも旬だったようで(10月末)、いっぱい売られていた。
これは渡嘉敷島で自生していたものだけど、民家の庭先などにも普通に植わっていたりする。
値段も安くて1個100円とかだったけれど、重いのでさすがに持ち帰りは諦めた・・・。

sonet0811294.jpg

沖縄まだ暖かいのかな・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。