So-net無料ブログ作成

入れ歯でビスコッティ [甘いもの]

アーモンドがいっぱい残っていたのでビスコッティ(カントゥッチ)でも焼くことにした。
ビスコッティは初めて作ったけれど、材料もシンプルでえらく簡単なお菓子であった。
参考書は『イタリアの地方菓子』

(2度焼きする前)
sonet1002171.jpg

薄力粉250g、グラニュー糖+きび砂糖250g、BP小さじ1と1/2、塩ひとつまみ、卵2個、アーモンド125g、サフラン少々

レシピには重曹を使うようになっていて、その方が本物っぽくなりそうな感じがしたが、5年前の重曹しかなく効力に不安があったのでBPを使った。
小麦粉と砂糖が同じ量入るので、かなり甘い。しかしこの激固&激甘ビスコッティをコーヒーに浸して食べるとほろりと崩れて美味しさ倍増。うっかりいくらでも食べてしまいそうになる。
気になって計算してみたら、一個あたりのカロリーはおよそ45kcalと出た。気を付けよう・・・

実は今現在歯の治療中である。子どものころに抜歯してブリッジにしていたとこの奥の歯がとうとうダメになり、数ヶ月前に抜歯。近々インプラントを埋める予定である。片方では食べにくいので、仮の入れ歯を作ってもらってしのいでいる。おかげで固いビスコッティも普通に食べられるのはありがたい。

入れ歯だなんて遠い将来の話のように思っていたが、いつのまにか身体は衰えているのである。子どものころは虫歯が多くて、奥歯はべらりと被せ物が入っていたりするが、その後の20〜30代はほとんど歯医者と無縁で過ごしてきた。それがここに来てがたっと来た。目もメガネ要らずの数十年を過ごしてきたが、ここ最近は本を読むにも老眼鏡が手放せなくなった。

なんのかんのいっても若い身体は「内なる自然」に守られていたのだと思う。少々不規則な生活、いい加減な食事をしても、それなりに元気で過ごせていた。でもこれからはそうはいかない。そもそも織田信長の時代ならば人生50年。あと何年もない。それから400年以上経ったとはいえ、人間のDNA、プログラムされた身体の耐用年数は何も変わっていないはずである。それがたまたま今の日本という「不自然な」環境に生まれたおかげで、その1.5倍以上も長生きすることが可能になっているだけである。本来なら何があってもおかしくない年齢なのである。

老いるということは不自由さが増すことだ。その不自由さを敬遠して、インプラントなんていう先端医療の恩恵にあずかることにしたのだけど、それは長い人間の歴史からしても、現在地球上に暮らす多くの人たちの基準からいっても、ごく特殊な恵まれたケースなのだということを忘れてはいけない。
調子に乗って甘いビスコッティをガリガリ食べているとひどいしっぺ返しが待っている・・・と思う。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 3

ばぶを

patakoさん、こんにちは!
最新の記事で、皆様の「歯」談義に入れていただこうと思いましたが、どうしてもこの記事にとても共感しましたので、やはりこちらにコメントします!
私も歯科治療中の身の上で、おまけに『日の名残り』を読んだところに、patakoさんの記事を拝読し、ああ、自分は今、人生の夕暮れに向かいつつあるんだと痛感しました。身体能力が少しずつ落ちているなと気付いてはいましたが、あまり認めたくはなかった事実を、patakoさんがあっさりと潔く認めていらっしゃったので、とてもすっきりしてしまったのです。ありがとうございます!
こういう時に、自分の言いたいことを書けないのはもどかしいですねー。とにかく、patakoさんのおかげでよっしゃ、がんばろ~~っ!と思ったわけです。
あー、ずっとコメント書きたかったんですが、ようやく書くことができてホッとしました。patakoさんちにこっそり忍び込んで、ビスコッティをつまみ食いしようと思っていたのですが(笑)、もうなくなっちゃいましたかね!?むふ♪
by ばぶを (2010-02-28 15:07) 

ままだびょん

私は顔にキテマス~!!!笑(泣)
ビスコッティ、私も大好き!
by ままだびょん (2010-03-01 21:04) 

ぱたこ

>ばぶをさん
去年の夏にちょっと体調をくずしまして(たぶん更年期の初期症状)、ああ、これが普通で、いままでが恵まれていただけだったんだなぁと実感しました。とはいっても、さすがにまだ夕暮れではないでしょうけど・・・3時か4時くらいでしょうかね(笑)? 昔と違って日が長くなってうれしいです(笑)。私たちの親の年代からしたら、40、50代は人生の黄金期なんだそうです。まだまだ一仕事できるんですよね。体のがたつきも序の口みたいです。油断せずにしっかりメンテナンスしていくことが、今後の長生きの秘訣ですね。ばぶをさんは私よりずっとお若いイメージがあるけど・・・いずれにしても歯はしっかり治してがんばりましょう!
恥ずかしながら『日の名残り』は存じませんでした。今度読んでみたいです。
ビスコッティ、まだ残ってますが、なんか減るのが早い気がしたのは、ひょっとしてばぶをさんがつまみ食いしてたせい??

>ままだびょんさん
大丈夫です。いくら顔がたるもうと、しわやシミが増えようと、寿命には影響しませんよ(笑)。老いは自然のなりゆき、心の覚悟が何より大事!・・・と思い聞かせてはいるのですが、鏡を見る度にやっぱり一抹の寂しさを感じてしまう覚悟のなってない私です(笑)。
by ぱたこ (2010-03-02 10:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。