So-net無料ブログ作成

網切り大根 [食材]

今日から8月。
庭の火鉢水槽のホテイアオイにもきれいな花が咲いた。

sonet1108013.jpg

午前中はクマゼミが耳をつんざくように鳴いているが、猛暑だった去年と比べたら、ずいぶん過ごしやすい夏のようにも思われる。
でも考えたら今年は梅雨入り梅雨明けが早くて、夏が早く来たからそう思うだけで、きっと本当の夏はいまからなのだ。心してかかろう。

5月末にはその梅雨が思いがけず早く、しかも台風まで引き連れて来てしまったため、計画していた九重連山のトレッキングはさんざんな結果に終わり、結局ただの温泉旅行となってしまったのだった。まぁそれはそれでいい体験&想い出になったのだけど。

そのときに立ち寄った湯平温泉の商店で購入した干し大根があったのを思い出した。

sonet1108011.jpg

「網切り大根」という名前で売っていた。丸のままの大根に切り目をいれて干してある。

水でもどすとこんな風になる。首にかければ素敵なネックレスに・・・?

sonet1108012.jpg

これを一口大に切って豚肉と一緒に炊いてみたら、とても美味しい。

sonet1108016.jpg

切り干し大根よりもずっと食べ応えがあって、食感もほどよくて。
うーん、冬になったら自分でも作ってみたいなぁ。でもどうやって作るのだろう?
と思ってネットで探してみてもなかなかヒットしない。

ひょっとしたらあれに載っているかもと思って、本棚から『日本の食生活全集 聞き書 大分の食事』を引っ張り出して探すと、あった、あった。

sonet1108014.jpg

「切りかけ」という名前で載っている。少し乾かしてしんなりさせた大根を、まず1、2分(5ミリくらいか)の間隔で、切り離さないようにまず直角に切り目を入れ、そのあと裏返して今度は45度の斜めに切り目を入れ、伸ばして軒先に干すとできるようだ。
切り干し大根のように小さく切らなくていいし、広げて乾かす場所も要らないし、なんとも合理的。

ちなみに、生乾きのときに一度蒸してから干すと、本の下の写真のようにあめ色になるそうな。
煮物にするのは主にこちらだそうで、白いのは酢漬けにしてはりはり漬けにするとある。
買ってきたのは白バージョンだったので、冬にはあめ色バージョンも作ってみよう。

↓やはり役に立ちます。

聞き書 大分の食事 (日本の食生活全集)

聞き書 大分の食事 (日本の食生活全集)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1992/06
  • メディア: 単行本



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

micopon

放置はお互い様^^
でも時折のぞいてみたりする…。
またしばらく会ってないわね。
by micopon (2011-08-28 13:53) 

ぱたこ

>micoponさん
いまさらのレスでごめん。
月に一度の更新目標だったけど、気がつけば2ヶ月過ぎてたよ・・・。
会ったのもこの間のような気もするけど、考えたらだいぶなるねぇ。
by ぱたこ (2011-09-29 12:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。