So-net無料ブログ作成
検索選択

釜山(ほか)で買ったもの [食材]

旅行記2日目を書く前に、買ってきたものの値段を忘れないうちに記録ー。

何はさておき、キムチ。今回は釜田市場で調達。
(帰国してから自宅のキムチ容器に移し替えたところ。)

sonet1203011.jpg

白菜キムチは半玉5000ウォン、チョンガクは1キロ5000ウォン。それぞれ別々の店で購入。
市場ではロッテデパートのように厳重に包装してくれないので、今回は百均の容量3リットルのタッパー容器を2個日本から持参した。これは大正解。
白菜キムチは帰って計ったら1.5キロ以上あった。安すぎ! 前回のロッテ価格の3分の1! ていうかロッテ高すぎ! ロッテのはそれなりに材料もいいものを使ってるのかもしれないが、味は遜色なしである。(ちゃんと味見して買った。)

白菜キムチを買った店ではそのほかにアミの塩辛と、海苔も買ってみた。

sonet1203013.jpg

胡麻油の味付けがしてあるが、いわゆる板海苔でないタイプ。和え物や、雑炊に入れて食べるにはこっちの方が便利。

釜田市場はすっかりお気に入りになってしまった。チャガルチなどと違って観光客相手でないので、お店の人も良心的な気がする。なにより乾物からキムチから魚屋、八百屋、いろんなお店が揃っていて、買い物しやすい。


今回は釜山から離れた浦項(ポハン)の竹島市場もちょこっと覗いてきた。お目当ては名物のクァメギというサンマの干物。一盛り300gぐらい入ったのが10000ウォン。

sonet1203015.jpg

サンマを寒風で干し上げたものらしい。干物だけど塩辛くはない。食べた感じ何かに似てるな〜と思って考えたら、身欠きにしんだった。生タイプの身欠きニシン。このクァメギも昔はサンマでなくてニシンで作っていたそうなので、ルーツは同じなのかも。

焼かずにそのまま、野菜と一緒に海苔や昆布で巻いて食べるものだそうだが、その食べ方はまだ試していない。サンマの脂がけっこう強烈で、単独で生をそのまま食べるとかなり魚臭い感じ。でも日本人的感覚でちょっと炙って食べてみたらなかなかいける。柚子胡椒入りポン酢であっさりいくのもよさげ。


同じくお酒のアテ系として、揚げ昆布と揚げ唐辛子。各2000ウォン。

sonet1203016.jpg

昆布の方はちょっと塩気が多くて血圧が気になるお年頃には不向き。料理にまぜて使うかな・・・
唐辛子の方が思いのほかいける。適当に切った青唐辛子に軽く衣をつけて揚げてあるだけなのだが、塩辛くないかわりにピリリと辛くて(かけらによって辛さにムラがあるが)焼酎にぴったし。


お土産用には、農協のハナロマートで、エゴマの葉のキムチ(4200ウォン)と醤油漬け(3000ウォン)を何個か購入。自分ではまだ食べていないが、あげた人たちには好評で、ごはんが進んで困るとの感想。

sonet1203012.jpg


その他、ハナロマートで買った商品いろいろ。

sonet1203017.jpg

(左上)韓国版インスタントだしの素「ダシダ」の海鮮ダシ大袋に、肉ダシ小袋のおまけがついて、6980ウォン。
普段インスタントだしはほとんど使わないので必ずしも必要なかったのだが、セール価格の上におまけまでついて、しかも無添加の自然系でかわいいウサギの絵までついていてちょっと心を惹かれてしまい、店員さんのセールトークにも負けてつい買ってしまった。釜田のハナロマートではなかったことだが、チャガルチ店では要所要所に日本語を話す店員さんが配備されていてるのだった。自分も含め日本人がいっぱいいた。

(右上)参鶏湯スパイスミックス。高麗人参は入っていないが、ナツメ、甘草、ファンギ、ホッケナム、オガモク?の5種類のスパイスがセットになっている。価格不詳(レシートに見当たらなかった。儲かった?)。
(左下)韓国産タカキビ。300g入り3200ウォン。
(中央下)韓国産唐辛子粉。200g入り10850ウォン。国産品はわりと高価である。
(右下)韓国産材料サムジャン。170g入り2690ウォン。


2日目に訪問した慶州の良洞民俗マウルで売っていたお菓子。

sonet1203014.jpg

見た目おこしのようだが、実はふわっと軽い。テレビで見たことがあるが、米水飴を何度も引き延ばして空気を入れて作るのだと思う。色の黒いのは黒米、白いのは白米が原料だそうで、風味が違う。上品な甘さでほっとする味わい。まわりにまぶしてあるパフがまた所々焦げていて香ばしい。形のふぞろいなのがたっぷり入って一袋5000ウォンだった。


そして今回の買い物の中で一番のお気に入りが、アルマイトの小さなやかん。

sonet1203018.jpg

良洞マウルの近くの安康(アンガン)の町のスーパーで買った。スーパーといっても生鮮品から日用雑貨までなんでも売ってて、やかんも各種サイズが取りそろえられていた。前回の韓国旅行でトゥングレ茶を買ってきて以来、お茶煮出し用に容量1リットル以下の小さなやかんを探したのだが、日本では意外に売ってなかった。それがここではスーパーでなんなく見つかり、しかもたったの4800ウォン(350円くらい)。嬉しいね♪ トゥングレや野草茶だけでなく、生姜のスライスを煮出して生姜茶にしたりと、さっそく毎日のように愛用している。一緒に買った同じアルマイトの柄付きの容器は1個1300ウォン。


他にもお土産用に餅チョコパイの大箱とか、ロッテデパートで上品な韓菓の詰め合わせとかも購入し、けっこうな大荷物で出国し、最後に釜山港の免税店で、私としては珍しく女子アイテムを購入。

sonet1203021.jpg

「BBクリームって何ですか?」と思わず販売員さんに聞いてしまったが、女子の間では常識ですか? 自慢じゃないけど、コスメ系にはまるっきり疎い。「保湿も日焼け止めもファンデーションもみんな入ってる万能クリームですよ〜」みたいな話で、聞けば便利そうではある。普段、お肌のお手入れは石けんの洗顔だけで、基礎化粧品すら使わないが、外に出るときは日焼け止めを塗った上に軽くファンデーションをつけている。保湿は別に要らないけど、日焼け止めとファンデーションが一緒になってるならひとつ手間が省けるなと思い、メーカーも漢方系でちょっと面白かったし、値段も23ドルと私にとってはギリギリ許容範囲だったので買ってみた。

実際使ってみると、けっこうしっかりカバー力があり、普通にリキッドファンデーションっぽいのだが、肌にはすっと馴染んでテカらない。控えめに使えば悪くない気がした。ただ最近、化粧品などに入ってるナノ粒子の安全性問題を新聞で目にしたばかりで、この馴染みの良さが逆にコワイような気もする・・・・・・のでやっぱり控えめに使おうと思う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。