So-net無料ブログ作成

済州の旅 その4(終) [旅]

とりあえず済州旅行記を終わらせとかなきゃ・・・(すでに記憶があいまい)

翌日は、前日とはまた趣の違うところを歩いてみようということで、島の南側のオルレ7コースを歩くことにした。

いったんタクシーで空港に行き、朝食のキムパプをささっと買ってから、中文・西帰浦方面へのリムジンバスに乗る。

ゴージャスな高級リゾートホテルの建ち並ぶ中文を通り過ぎ、西帰浦のニューキョンナムホテルで下車し、そこからタクシーで観光名所の「ウェドルゲ」へ。

sonet1307811.jpg

風光明媚なこの場所には観光客がいっぱい。オルレ道の一部にもなっている遊歩道は蟻の行列であった。

sonet1308012.jpg
チャングムのロケ地としても有名です。

ウェドルゲの遊歩道の混雑を過ぎると、あとはマイペースでオルレを歩く人だけが残り、ほっとする。基本的に海辺を歩くコース。海岸には済州独特の黒い火山岩がゴロゴロしていて、やっぱりちゃんとした軽登山靴を履いてきてよかったと思う。

お昼は途中の港町の食堂で早めにとる。

sonet1308013.jpg
海を眺めながら食べたフェトッパプ(刺身丼)。ビビンバの刺身版のようなものだが、さっぱりしている。白身の魚が載っていた。おかずもキムチもどれも美味しくて大満足。

sonet1308014.jpg
友人の注文したへムルトゥッペギ(海鮮鍋)。小さなアワビも入ってて、こちらも美味しそうであった。ちょっと熱そうだったけど・・・

写真はほとんど撮っていないのだけど、コースの景色はとてもよかった。昨日の里山の風景とはまたうって変わって、また済州らしい島の海の自然を堪能した。

sonet1308015.jpg

sonet1308016.jpg

sonet1308018.jpg

しかしこうした風光明媚な海岸の途中で、突然大規模な護岸工事をしている場所に出くわし、いったい何だろうなと思っていたら・・・

sonet1308017.jpg

どうやら海軍の基地が建設されているようで、現場の壁には反対の落書きがたくさん書かれていた。
あとで調べると、住民の反対が大きいにもかかわらず、かなり強硬な形で建設が進んでいるようである。私は現地人でも韓国人でもないとはいえ、日本人にも決して無関係ではない話だ。少なくともこのように美しい自然の海岸を歩いていて、いきなりこんな広大な人工建造物に遭遇したら、誰だって強烈な違和感を感じることと思う。
いろいろ考えさせられるオルレ道であった。

sonet1308019.jpg
オルレ道の目印リボン。

sonet13080113.jpg
同じく馬型の目印、カンセ。

今回は無事コースを完走し、とあるバス停にたどり着く。そのバス停にはリムジンバスは停車しないというので、リムジンバスの停まるバス停までバスで行き、乗り換えて空港までもどる。

4時半頃にはホテルに帰り着き、シャワーで汗を流し、ほっとしたところに。

sonet13080110.jpg
じゃーん、ほんまもんのシャンペン!

旅の楽しみ方を熟知している友人が、わざわざ東京から持ってきてくれたのだった。
この旅行は私たちのとある記念の意味合いもあり、お祝いを兼ねている。
このとき、私はまた少し頭痛がしていて、お酒が入ると悪化するかもとの危惧もあったのだが・・・
一口飲んで、あまりの美味しさに頭痛はふっとんでしまいました。ありがとう、A子ちゃん!

若い頃に聞いていた懐かしい音楽(友はiPodのドッグまで持参していたのであった)を聞きながら、いい気分になって話し込んでいると、時間はいつの間にか過ぎる。
一昨日行った自然食の店にもう一度行くことにしていたので、8時近くになり、慌ててタクシーを走らせて行く。

しかし・・・がーん、なんとお店は終わっていて、後片付けしている状況だった。

どうしようかと途方に暮れつつあったところ、交差点の向かいに、皓々と光る大きな焼き肉レストランがあったので、そこに入ることにする。

ここが思いがけず当たりであった。

sonet13080111.jpg

取りあえず撮った一枚があるだけなので、料理の写真はあまり美味しそうに写っていないが、済州黒豚の肩ロースと、韓国牛のカルビ(だったかな?)を一枚ずつ頼んだ。
この黒豚(手前)、写真を見るとほぼ脂ばかりのようだが、これがヒジョーに美味しかった。一緒に頼んだ牛ももちろん美味しかったのだが、値段を考えると、黒豚の方に断然軍配があがる。
おかずも洗練された味でどれもいけた。ケジャン(蟹の漬け物)まで出てきたのにびっくりだった。
聞けばまだ開店してさほど間もないレストランだったが、大きな駐車場があって、地元の人が車で乗り付けるようなところ。ハルラ樹木園入り口交差点角の「제주복돈」、場所もわかりやすくお勧めです。

sonet13080112.jpg
焼酎ハルラサンまで飲んで良い気分。

4日目は心配していた頭痛も悪化せず、良い汗を流し、美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲んで大満足して就寝。

翌日、私は昼前の便で福岡に帰ることになっていた。友人の出発は夕方。朝のうち、旧済州の在来市場に行ってキムチとアワビを少し買って荷造りし、ホテルで友人と別れて帰った。
あの自然食の店が気になっていた友人は、お昼に食べにいったらしい。言葉はなかなか通じないけど、お店の人は親切にしてくれて、満足して帰ったようだった。よかった、よかった。また行きたい済州でした。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 2

gulapa

韓国の人はハイキングが好きだと聞きました。ゆえにこんな素敵なハイキングコースも多いのでしょうね。
疲れた体にガッツリ焼肉食べれるのもいいですね。
そして、気の利く友人がいるのが更にnice!ですね。
さすが女性だけの旅行ってことで、女心をそそられ興味深深でした。
by gulapa (2013-08-05 10:10) 

ぱたこ

gulapaさん
韓国はアウトドアほんと盛んみたいです。ハイキングコースいっぱいあります。実はこのあと6月にも釜山に一人旅して、ちょこっとハイキングコース歩いてきました。アウトドアもグルメも街歩きも楽しい韓国です♪
by ぱたこ (2013-08-06 22:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。