So-net無料ブログ作成
検索選択

うすあま紅豆湯 [軽食]

あったかいおやつが恋しい今日この頃。

先日また台湾を旅行してきたのだが、ホテルの軽食で食べた紅豆湯が、ほんとに小豆を茹でただけという感じの甘くないもので、それが思いのほか新鮮で美味しかったため、ちょっぴり真似してみた。

sonet1512096.jpg

小豆に黒米を入れて炊いてみた。甘さがまったくないとやっぱり淋しい気がして、蜂蜜を少々。
すり胡麻を入れて練った白玉団子をプラス。
できたてはもっとさらっとしていたが、これは二日目の状態。豆の皮が破れて、日本のぜんざいのようにどろっとしてきた。
甘さを控えている分、しつこくないのでたくさん食べられる。たくさん食べるからカロリー的には変わらないか、むしろ多くなるかもしれない。(でも砂糖をたくさん食べるより豆をたくさん食べた方がいいよね。)

小豆は家にあった国産だが、黒米は地元産と台湾産をミックスした。
画像左のまるっこいのが山口産、右の細長いのが台湾花蓮産。

sonet1512097.jpg

色・形も少し違うが、風味もちょっと違う。国産の黒米には独特の風味があって、白米に少し入れて炊くだけでかなり紫色になり、ちょっと主張の強いご飯になるが、台湾の黒米を入れて炊いたご飯は、色も香りも小豆の赤飯ぽい感じになった。

穀類では、黒米のほかに、緑豆とか亜麻の実も買ってきた。
どっちも輸入もの(緑豆はオーストラリア産、亜麻の実はカナダ産)なのだが、日本で買うよりはるかに安いので・・・。キノアやアマランサスも割安だったが、あまり欲張らず、また次に買って来ようと思った。

sonet1512098.jpg


sonet1512099.jpg

無添加の干しパイナップルやマンゴーもゲット。こちらはもちろん台湾産。
南国ドライフルーツも砂糖漬けしたものはどこにても売ってるが、ちょい苦手である。甘いフルーツをさらに甘くしてどうする!って感じ。こうした素干しタイプがよろしい。
お酒のアテにしたり、ヨーグルトに入れてふやかして食べたりして美味。

年をとるにしたがって、甘さの強すぎるもの、味の濃いものを避けるようになり、自然な味がいちばんと思うようになってきた。やっぱり古びた身体が身の危険を知らせているんでしょうかね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。