So-net無料ブログ作成
検索選択
郷土料理 ブログトップ

ランタンとちゃんぽんと唐アクちまき [郷土料理]

先週、実家に帰省中、長崎のランタン・フェスティバルに初めて行ってみたのです。

sonet1302202.jpg

今年で20周年というわりと新しめのお祭りで、私の子どもの頃にはなかったものである。
会場には人や動物を象ったランタンオブジェがいっぱいで、長崎らしいハデハデなお祭りであった。

sonet1302203.jpg

ランタンももちろんきれいだったけれど、お昼に参加した「ランタンさるく」がよかった。
地元ガイドの方と一緒に、新地中華街と唐人屋敷跡をめぐり、いろいろお話が聞けて勉強になった。長崎県人として育ったのに、歴史オンチで何にも知らないのである。
市内のガイドツアーは、「長崎通さるく」として常時やっているようなので、また機会を見つけて参加してみたい。長崎観光の方にもぜひオススメ。

というわけで、長崎に少しだけ詳しくなり、夜になってランタンのきらめく会場で、長崎の龍踊りなど遠くから鑑賞したあとで、中華街のレストランに並んで入って、ちゃんぽん食べた。

sonet1302201.jpg

江山楼の特上ちゃんぽん。1500円もする高級ちゃんぽんを食べるのは生まれて初めて(&最後かも)である。
さすがに豪勢。通常のちゃんぽんの具に加え、ミートボールやすり身団子、九十九島のカキ、ちろっとだけどフカヒレまで載っている。白濁した濃厚なスープも、薄味好みの私にはやや塩辛かったとはいえ、やっぱり評価されるだろうなぁと思った。

お腹いっぱいになって満足して、帰りに中華街のお店で、唐アクが売ってたので買った。

sonet1302204.jpg

唐アクは長崎のちまきを作るのに使う。ちゃんぽんの麺などにも使うアルカリ材。
小さい頃食べていたこの独特の風味の唐アクちまきが好きだったのだが、郷里でもこの頃はあまりお目にかかれない。
南九州の方では「あくまき」と言って、木灰から灰汁をとってちまきを作るのだが、ハイカラな長崎では白い粉を使うのである。しかも竹の皮に包むあくまきと違って、木綿の袋を使うのが長崎流。都会的なのである。

本来は端午の節句に作るものだが、山口に帰ってさっそく作ってみた。参考書は「聞き書 長崎の食事」

唐アクを溶かした水に数時間浸けたもち米。黄色くなっている。

sonet1302208.jpg

これを晒し木綿で作った袋に詰めて、じっくり3時間ほども茹でる。本には竹の皮を鍋の下に敷く、とあるのだが、竹の皮がないので省略。

sonet1302205.jpg

3時間もコトコト茹でるなんて、石油ストーブを使う時期でないとなかなかもったいなくてできない。わが家では今の時期にしか作れないことになる。

sonet1302206.jpg

竹の皮を入れていないせいか、色みが優しい感じである。南九州のあくまきのようなコクを出すには、やっぱり竹の皮が必要なのかもしれない。竹林を所有している友人にあたってみるか・・・。

sonet13022010.jpg

一晩おいて袋から出してみる。けっこうベタベタして布をはがすのに難儀する。わらび餅のように柔らかく、べとべとするので、包丁ではなく、糸を使って切る。

きな粉砂糖をかけて食べると、懐かしいあの風味が口の中に広がり、幸せ♪

sonet1302209.jpg

アルカリの作用で数日日持ちするようだ。できてすぐよりしばらくおいて、少し固くなったくらいが切りやすくていいかもしれない。

実家から電車で45分〜1時間、意外に訪れる機会の少ない長崎だけど、今回はなかなか収穫が多かった。

ちなみにランタン・フェスティバルは旧正月から15日間、今度の週末まで開催されています。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さつまじゃじゃ麺 [郷土料理]

イオン系のスーパーBは、夕方になると鮮魚コーナーが軒並み半額になったりする。
この日の戦利品は、チヌ(111円!)、アサリ(156円)、そして大きなタコ一匹(594円)。

チヌもこの値段なら、惜しみなくあのさつまを作ってみることができる。
ウロコと内蔵をとって塩しておいて、翌日まるごとロースターで焼く。
味噌も鉄皿に広げて入れて、ロースターで香ばしく焼いて焼き味噌にしておく。
焼いたチヌの身をほぐして擂り鉢であたり、焼き味噌、すりごま、おろし生姜を混ぜておく。
身をとったあとの頭と中骨を水で煮出して出汁を作り、先の味噌を伸ばす。
アラまで出汁として利用する、なんと無駄のない食べ方!

濃度はこんなものかな?
ドロドロして・・・見た目はあまり食欲をそそる感じじゃないが、味は良いのだ!

あったかご飯に載せて、ネギ、ミョウガタケ、もみ海苔などをトッピング。
これを混ぜ混ぜして食べる。
不味くはないが・・・ちょっとニャンコになった気分?
(連れ合いは無言で食べていた。)


(その他のおかずは、茹でタコ、アサリと小松菜の煮浸し、塩もみキャベツしそ風味)

やっぱ同じねこまんま風でも、もっと汁だくの冷や汁のほうが好みかなぁ。
「さつま」という名前からして、もとは薩摩の冷や汁(宮崎のが有名だが、
鹿児島でもよく食べていたらしい)がルーツなのだろうか。
焼き魚や干物の身をすりつぶして味噌や胡麻と混ぜる作り方は、ほとんど同じである。
さつまの水分を多くしてキュウリやら入れれば冷や汁になるのだ。
それで、残りを冷や汁にしようかと思わないでもなかったが、
やはりあれはもっと蝉のじゃんじゃん鳴くような夏の暑いときでないと美味しくないものである。

ほかにいい食べ方はないものかと思いあたったのが、炸醤麺風に麺にぶっかけて食べる方法。
せっかくなので、炸醤麺の麺も手打ちした。
水餃子の皮と同じ、もちもちした食感の麺である。

釜あげ麺に、さつまとキュウリ(ちょっとシーズン早いが購入)
とネギなどの薬味を載せ、まぜまぜして食べる。
予想通り、これはいける。
炸醤麺のように油っぽくないし、ヘルシーだし。これはいいなぁ。

盛岡のじゃじゃ麺風に、麺の茹で汁を使って最後はちーたんたん(卵スープ)にした。
これもさっぱりして美味しかった。


(汚くてすみません)

さつまって香川の郷土料理なわけだし、讃岐うどんにぶっかけたりして食べないのかな?
と思って検索したら、ある道の駅では「さつまうどん」なるものを提供している様子。

http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=435

でもあんまりメジャーな食べ方じゃないようだ。
売り出せばもっと受け入れられるだろうにと思うのであった。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
郷土料理 ブログトップ